TOP小説>姥捨島挽歌-[花の根を解くように]1/3p

花の根を解くように

1/3p

——よう、スミ。園芸係のお仕事かい?

 そう! あのね、昔のおじいちゃん達のために、ここにパンジー植えるの。

——そうかそうか、偉いなあ。

 うん、がんばる!

——あ、ちょっと待て。植える前に……こうするんだ。

 なんで?

——狭いポットに入ってたから、根っこが絡まってるだろ。これをほどいてやらないと、パンジーはずっと苦しいままなんだ。

 へー! 鶴木お兄ちゃん、ものしりですごいな。

——あはは、物知りじゃないよ。

 でも、もうすぐ先生になるんでしょ。先生になれるのは、ものしりの人なんだよ。

——違うよ、スミ。
——おれはただ、わかるだけなんだ。